モエカレはオレンジ色の8巻ネタバレ!救命士の女性の登場!

スポンサーリンク

今回の記事は「モエカレはオレンジ色」第8巻のネタバレと感想をお届けいたします!

弟のリュウや子供たちを喜ばせたくて、クリスマス会に向けて張り切る萌衣ですが…。

空回りをして落ち込む彼女のために、なんと、蛯原をはじめとする明星消防署・救助隊のボーイズが特別に「出場」をすることにーーー!?

さらに、出初式や餅つき大会と冬のイベントはぜ~んぶ蛯原と一緒で!!!

萌衣のキモチが溢れる中、消防王子・姫野の接近&救命士の女性の登場で第8巻はドキドキ+大混乱の模様です…!!

早速ネタバレと感想を見ていきましょう。

※「モエカレはオレンジ色」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「モエカレはオレンジ色」第8巻のネタバレ

※前巻はコチラ!
第7巻:姫野とお買い物デート!?

では、早速8巻のネタバレを言っていきたいと思います(^_^)v

待ちに待ったクリスマス…それは春に亡くなった萌衣のお父さんの大好きなクリスマスでした。

そこで、萌衣の家族はお父さんと、ともに過ごした温かな思い出とともにクリスマスの準備をしていました。

萌衣は、弟のリュウのために、お父さんの代わりをしようと張り切り、紗弓や三鷹とともにクリスマス会の準備を始めていると、第2小隊の皆も暇だということで、蛯原の同僚の児嶋、新堂、風間が蛯原と一緒に手伝いにきてくれました。

さらに、しばらくすると姫野もやって来ました。

姫野の登場で、蛯原は穏やかでは居られない様子。

紗弓は、積極的に風間に話しかけていました。

そんな中、料理をサンタに任せていた店長の奥さんと息子さんがインフルエンザ担ってしまい、急遽、帰宅してしまいました。

さらに、トラブルを経て準備が整った直後、萌衣がテーブルにぶつかり、メインのチキンが床に落ちてしまったのです。

慌てて、第2小隊の皆も協力をしてくれることになり、時間の都合上チキンを作り直すことが出来ず、

子ども受けのいいチーズフォンデュをメイン料理に変更することになりました。

子どもたちもやがて全員集まり、クリスマスパーティーが始まりました。

扉を開けて、出てきたのはサンタに粉した蛯原でした。

ダークなオーラで笑顔もなく、消防士仲間は見て全員笑いを堪えていました。

萌衣はそれをカッコいいとトキメクのでした。

サンタさんにお願いや、夢や目標など聞いてもらえたり、記念撮影をしました。

パーティーも終わり、用事のある人は何人か帰って行きました。

紗弓は風間に思わせ振りに対して、勝負はまだまだこれからだと意気込むのでした。

片付けの中で、萌衣と姫野は急接近。姫野はポケットから紙袋を取り出して渡しました。

姫野が「この間のお礼。メリークリスマス。」と袋を開けてみると、ホットケーキの形のピアスで、萌衣は姫野にそっと顔を近づけられ、耳を触れられ、目を見つめられるとドキッとしてしまうのでした。

帰る頃になり、途中で道の先にサンタの蛯原がいました。

クリスマス会のリュウから、欲しいものを萌衣から聞くと頼みごとをされていたので、萌衣からハグを求められると、なんと、蛯原の心が動き、優しい空気に包まれ、温かな気分になると、自然と手が伸び、萌衣を抱き寄せるのでした。

そして、新年になり、今日は明星消防の出社式。

萌衣は紗弓とリュウと母と一緒に消防署に遊びに来ていました。

新年早々にカッコいい蛯原の姿を見られて嬉しそうな萌衣でしたが、萌衣は去年の春に蛯原と出逢ってからの日々を思い出していました。

署内を歩いていると、萌衣が講習でお世話になった多岐川さんが声を掛けてくれました。

そして、久しぶりに蛯原の事が好きな消防アイドルの、まーなんこと榎本マナも登場します。

マナは萌衣の友達であり、ライバルでもある女の子ですが、萌衣は紗弓を紹介し、女子トークをしました。

翌週、萌衣と紗弓は約束通り餅つきに来ました。

仲良さげに話す萌衣と姫野を見ていた蛯原はリズムを乱してしまい、同僚から突かれて手を痛めてしまいました。

蛯原は先輩に呼ばれ、料理をつくってくれと頼まれ、萌衣を呼びに行き助けを求めます。

蛯原が女の子と楽しそうに話しかけていて、料理を作っているところを見た多岐川さんは驚くのでした。

蛯原に「サンキュ、おまえに頼って正解だった。」と言ってもらえて、なかなかいい雰囲気なのでした。

・・・

第8巻は以上となります。

※「モエカレはオレンジ色」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「モエカレはオレンジ色」第8巻の感想

季節はクリスマスです。

クリスマスが大好きだったお父さんの代わりに、リュウへの萌衣の優しさにジーンとしてしまいました。

家族を大切にしているのが分かりました。

それにしても、サンタさんにプレゼントを貰って喜ぶリュウの笑顔が眩しくて可愛すぎでしたね。

クリスマス会を絶対に成功させようと、気合い十分で健気な女の子に早く蛯原も振り向いてくれると嬉しいです。

女性なら、消防士さんと付き合いたいと誰もが思う命を守る職業ですから、なかなか現実でもライバルが多く、付き合える可能性が低いと思います。

例え、合コンでつなげられたとしても、上手くいくなんて分かりませんので、そういった面を踏ませて、改めて恋愛漫画というものは夢を見させてくれると良さがあり、素晴らしいと思いました。

失恋で傷ついてしまった心も漫画を読んで、次はこういう恋愛がしたいと意欲を湧かせてくれて、男を落とす方法やきっかけとして勉強会になるところも良さに気付きます。

話は戻りますが、サンタ役の店長の家族がインフルエンザと災難でしたが、急遽、決まった蛯原。あっという間に子どもたちに懐かれていて流石ですし、色々と今回も格好良かったです!!

また、それを笑いが止まらない風間さん達も酷いですけれども、写真を撮りまくっている姫野さんも酷かったですね。

楽しい思い出になっていて何よりです。

サンタさんへの願いごとを、自分のためじゃなくてお姉ちゃんのために使うリュウには、いい子すぎて胸が締め付けられましたね。

アラサーな私ですが、子どもが欲しくなります。

そして、リュウの頼みだからと、サンタさんの格好のまま萌衣を待っていてくれた蛯原の優しさがとっても素敵でした(;_q)

欲しいものなんてべ別になくて、萌衣が絞り出したリクエストの「ハグ」もしっかり実行してくれた蛯原にキャーと顔が赤面してしまいました。

萌衣も蛯原も、ドキドキしていて可愛すぎでしたね。

姫野さんについてなんですけれども、萌衣に可愛いクリスマスプレゼントを渡していて、やっぱり萌衣のことを狙っているのかなぁ…?と気になりました。

やることが王子様なので、今後も楽しみです!

新年の目標に、萌衣と紗弓の恋する乙女コンビがめちゃくちゃ可愛いかったです。

ピュアですね。

宣言したところを蛯原に聞かれてしまい、私だったら恥ずかしくて死にそうです。(笑)

萌衣の心に新たな不安な人物、多岐川さんですが、蛯原が「灯里さん」と呼んでいることはかなり親密なのか怪しいですね。

それを久しぶりに登場したマナが、多岐川さんが現れたこと、紗弓が風間さん狙いのことを全部聞いて、二人のために想ってあえて厳しく言ってくれたのが伝わりました。

初対面の紗弓に対しても、ビシッと指摘してくれるなんて優しさですよね。

でも、厳しく言うのではなく、しょんぼりしてしまったフォローも忘れずに、元気にさせてくれのは流石、「アイドル」だなぁと感心してしまいました。

あんこ作りを頼まれた蛯原が、真っ先に萌衣を頼っていて、それも珍しく褒めていて、とてもいい感じな二人でしたね。

ですが、蛯原と萌衣と仲良く一緒にいるところを初めて見た多岐川さんの「ほー、なるほど。」という反応が、どうもどう言った感情の言葉なのか今から凄く気になります。

では、また次巻を見ていきたいと思います!ありがとうございました!!

無料で読める!

以上で「モエカレはオレンジ色」第8巻のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「モエカレはオレンジ色」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「モエカレはオレンジ色」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

スポンサーリンク