ハイキューのネタバレ最新357話&感想!セットを取り返した烏野!

2019年7月23日

スポンサーリンク

この記事では「ハイキュー!!」の第357話 (7月13日発売の週刊少年ジャンプ2019年33号)のネタバレについてお届けいたします。

先週は日向が稲荷崎戦の時に行おうとしていたスパイク。

「どん」ジャンプを成功させ、点差が3点差まで一度は開いたのですが、星海のスパイクと昼神のフローターサーブで点差を1点迄縮められてしまいました。

・・・

では、早速ハイキュー第357話について見ていく事にしましょう。

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「ハイキュー!!」の357話のネタバレ

※前回はコチラ!
第356話:強烈なサーブの応酬が!

23対22と、鴎台に1点差まで迫られた烏野。

応援席では月島・兄が固唾をのんで見守ります。

サーブは昼神で、後衛を守る西谷、澤村、東峰も気合を入れます。

昼神が放ったのはやはりフローターサブで、澤村が何とか上げて見せます。

そのボールをみて日向は「いま」「いける」「けど」と、“変人速攻”ではなく“紛れる”の方を選択、更には“ドン”ジャンプを入れてきます。

その様子に白鳥沢の天童は肩ひじをついて「は~ 嫌い」と呟き、昼神、月島、黒尾、青根も渋い顔をします。

日向が放ったスパイクは、2mの白馬になんとか当てられてしまいますが、そのままコート外にボールが飛んでマッチポイントとなります。

梟谷の木兎と赤葦は「2mフツーにでかい」「多少遅れて跳んでも 日向の高さに全く劣りませんね…」と感心します。

ブロックを出来なかった白馬は、日向にネット越しに「次は捕まえてやる」と宣言しますが、日向は嬉しそうな笑顔を浮かべます。

その時の白馬の表情を見て月島は「気味が悪いよね わかるよ」と半笑いでみつめます。

月島は中学校の時に兄の試合を勝手に観に行った時の事を思い出します。

エースだと思っていた兄が、実は補欠で、本当のエースは宇内だと知った時の事です。

「身体が小さい“だけ”のモンスターたち」「でも人間だって戦える」

そう考える月島の背後では、日向と交代で山口がサーブに入ります。

それに気づかない日向は澤村から「交替」だと教えられて気づきます。

山口も稲荷崎戦の時とは違い、冷静な表情でポジションに付きます。

そして放たれたフローターサーブは、まだ経験の浅い白馬の元へ狙い通りに打ち込まれます。

レシーブが乱れ、トスも万全ではない状態からラストは「小さな巨人」と月島は読み、その通りに星海にボールが上がります。

そして月島には珍しく、一緒にブロックに入る影山に「止める!!」と大きな声で宣言します。

星海は「いいブロック」と月島のブロックを目掛け、月島は「視線は雄弁」とブロックアウトを狙ったスパイクを、手をどかして避けます。

それに対して烏野も、星海も、そして宇内も「避けやがった!!!!」と驚愕します。

以前強化合宿の時に月島は勝手に来ていた日向に声をかけ、和久南戦の時に日向がブロックアウトで狙われた時に気づいていた事を指摘します。

どうやってブロックアウトを判断したかを聞きたかったようですが、日向は「ビビッ」「
チリチリ」「バチバチ」と感覚的に話します。

その日向の言語化能力に月島は上から見下した表情で日向を見て、日向はその表情に傷つくと言います

その後も日向とのブロック練習の中で、ブロックアウトを狙ってくる選手には何かパターンがあるはずだと思い、「視線」で分かる事に気づきます。

その練習の成果で、見事にブロックアウト狙いを避け、烏野は第2セットを取り返します。

そしてネット越しに月島は日向を見下ろす表情と一緒に、半笑いで星海を見下ろします。

しかし山口には「ナイスサーブ」とハイタッチを交わし、月島・兄には小学校の時と同じようにピースサインを控えめに出し、月島・兄は満面の笑みでそれにピースで応えた所で今週のハイキューは終了です。

・・・

第357話は以上となります。

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ハイキュー!!」の357話の感想

日向と月島は相手チームや、他のチームが嫌がる選手にどんどん成長していっています。

更には山口も初期の頃の様な弱さも無く、全国大会の少ない出番の中でも大きく成長していっていき、まさにダークホースの様相を呈しています。

日向は初日に当たっても気づかれなかった白馬に「次は捕まえる」と宣言され、笑顔を浮かべたり、月島は現・小さな巨人の2人と元・小さな巨人の宇内に嫌な顔をさせました。

確かに普通のスパイクなら避けると点を獲られる可能性が大きいのですが、ブロックアウト狙いのボールなら、避けてしまえばそのままコート外に飛んでいくただのホームランボールになってしまいます。

これからは月島と星海の空中戦での駆け引きも楽しめそうです。

なんとかセットを取り返した烏野が、どうやって3セット目も取る事が出来るのかを期待して今週は終了です。

・・・

感想は以上となります。

次の第358話はコチラ!
第358話:不動・安泰の牙城、鴎台!

無料で読める!

以上で「ハイキュー!!」の357話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「ハイキュー!!」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ハイキュー」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ハイキュー最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク