iCloud(アイクラウド)の写真が流出!利用時の注意点は?

2014年11月1日

スポンサーリンク

どうも、こんにちはヽ(^0^)ノ、ねこまりもです。
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

びっくりするニュースが舞い込んできました!

iCloud(アイクラウド)というアップル社が提供しているクラウドサービスがあります。
これはiPhoneやiPadなどに保存されているデータをインターネットを介してパソコンなどに共有できるサービスです。
非常に便利なサービスではありますが、アメリカでこのiCloudから写真が大量に流出するという事件が発生しました《゚Д゚》

しかもその流出した画像は超有名人のものばかり100人以上の画像だそうで、中にはアカデミー賞を受賞したジェニファーローレンスさんやメアリーエリザベスウィンステッドさんなどのプライベート画像も入っているそうです・・・

これらの画像は流出して、日本で言う2チャンネルのようなアメリカの画像共有サイトの「4chan」などに掲載されたり、ツイッターなどで拡散されてしまったのだとか《゚Д゚》

この流出した経緯は今は調査中とのことですが、iCloudサービスへの不正アクセスによるハッキングをされたことは間違いなさそうですね。。

ジェニファーローレンスl
「ジェニファーローレンス」

それにしても安心してあずけているサービスが攻撃されてこのような事故が起こってしまうと、ユーザーとしてもショックで今後利用するのが不安になりますね・・Σ(゚д゚lll)

このような不正アクセスをするハッカーは後を絶たないのが現状ですので、サービス提供側としてもセキュリティをより強固にして安心して使えるサービスづくりを徹底してもらうしかありません。

このようなデータ共有サービスを利用する際の注意点は、パスワードを誕生日など第三者が予測しやすいものにはしないことや、同じパスワードをずっと使うのではなくて定期的に変更したり、あまりにも私的で極秘情報は扱わないことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特に会社などでお客様情報を扱っている場合は、そのような極秘情報をインターネット上の共有サービスで使うことは情報漏えいのリスクがあるので原則禁止されていると思いますので注意が必要です。

では最後にiCloudについて分かりやすく説明している動画がありますのでぜひご覧ください。

※音が出ます。


「iCloudとは?」

映像で見ればより分かりやすくiCloudが理解できますね(*゚▽゚*)

このように非常に便利なファイル共有サービスのiCloudですが、インターネット上にあるサービスを利用するのでいろんなリスクにさらされていることを認識しながら、注意をして活用すればより楽しめると思います。

最後までおつきあいいただきまして、ありがとうございましたm(_)m

・気になる・・・はこちらまで♪

スポンサーリンク