ドロ刑のネタバレ漫画64話&感想!班目と煙鴉が絶体絶命のピンチに!

2019年6月6日

スポンサーリンク

この記事では「ドロ刑」の第64話(5月30日発売のヤングジャンプ25号掲載)のネタバレについてシェアさせていただきます。

煙鴉の追いかけていたヤクザを追ってきた班目、結末はいかに。

早速「ドロ刑」の64話を見ていくことにしましょう。

※「ドロ刑」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

目次

「ドロ刑」の第64話のネタバレ

※前回はコチラ!
mo.com/24037.html" target="_blank" rel="noopener noreferrer">第63話:煙鴉と組長の繋がりは..

班目は千家組長を追い車で千葉の海についた。

応援を呼ぼうとしたところ、組のヤクザが一般人?かわからない人を捕まえて連れて行っていた。

ヤクザは逃げないように足の骨を折ろうとしていて、班目はその人を助けに行った。

そして、大丈夫ですか?とその人に言ったところで足を誰かに撃たれた。

千家組長だった。

応援がないか班目の携帯を確認し、班目を捕まえる。

班目「警察に発砲するなんて正気じゃない!」

千家「100億ものコレクションを守るためなら正気だって失う。」

班目は煙鴉が千家を追っていたのはこのコレクションの為なのか?と考える。

千家は人の始末にうってつけの場所だといいながら海にある檻をみる。

班目を檻に入れて、手錠をかけ、海に沈めた。

千家組長はまたコレクションを運び出す作業に移った。

そこで、海でトプン!という音が鳴った。

班目は迂闊だった、ヤクザ相手に一人で来るなんて、係長に相談したり、応援に来てもらっていれば・・・。

あるいは・・・とハルを思い出す。

ただ、班目は自分で千家と煙鴉を逸らしたからここにはこないと思っていた。

・・・はずなのに、ハルが海の中へ助けに来た。

海の中で手錠を外そうとしたとき、エイのしっぽの毒針にやられ、息をしてしまった。

その後、息を止めて手錠は外せたが、煙鴉は視界がぼやけてきた。

班目が煙鴉の腕をとって、海から上がれと指図したが、煙鴉は檻の鍵を開けようとする。

しかし、煙鴉は海へと沈んだ。

班目がハッとした顔で、次回へつづく。

・・・

第64話は以上となります。

※「ドロ刑」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次に感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ドロ刑」の第64話の感想

ドロ刑Episode64を読んで、班目と煙鴉のピンチに次回どうなるのか心配です。

煙鴉の千家組長を追っている理由は千家組長のコレクションなのかどうかも気になりますが、今回はまず海の中で次回どうなるのか心配です。

それにこの海はどれほど深いのかなーなども考えてしまいました。

班目は煙鴉が来ないように仕向けたのに、煙鴉は千家組長のところに来て、班目を助けようとしているし、前回からここまでに何が起こっているのかも気になります。

次回で色々わかってくるのか、楽しみです。

この裏で起きている煙鴉を追っている二人のモサも気になります。

班目と煙鴉は本当に信頼し合っているようで、二人のやり取りが本当に良いなと思います。

・・・

感想は以上となります。

※次の第65話はコチラ!
mo.com/24519.html" target="_blank" rel="noopener noreferrer">第65話:水の檻2、走馬灯!ハルが気絶し..

無料で読める!

以上で「ドロ刑」64話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「ドロ刑」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ドロ刑」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ドロ刑」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ドロ刑最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク