DAYSのネタバレ最新297話&感想「主導権争い」キックオフ

2019年6月6日

スポンサーリンク

今回の記事では「DAYS」第297話のネタバレと感想をお届けいたします。

今回の「DAYS」297話の見どころは試合開始直後の攻防です。

開始早々から聖蹟高校が仕掛けていきます。

・・

では早速「DAYS」297話を見ていくことにしましょう!
(5月29日発売の週刊少年マガジン2019年26号掲載)

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「DAYS」297話のネタバレ

実況 「準決勝!!」

実況 「聖蹟対桜高!!運命の一戦・・・」

実況 「キックオフ」

聖蹟対桜高の試合が開幕します。

丸岡 「序盤は覇権争いだ」

甲斐 「どちらも譲らないだろうね」

丸岡と甲斐はスタンドからこの準決勝を観戦します。

甲斐 「聖蹟はどういうわけか風間がいない」

甲斐 「影響は小さくないはずだ」

桜高は前からプレスをかけて聖蹟に簡単に前へ運ばせません。

そして、聖蹟はロングボールを出し空中戦に持ち込みます。

如月と大柴で大柴がボールに触れます。

実況 「セカンドボールも上!!」

セカンドは水樹が触れてこぼれ球となります。

如月 「クリアー!!」

桜高がボールを出す前に、柄本がボールをキープします。

実況 「バックパスで再び聖蹟ボール!!」

柄本は佐藤にバックパスを出し、手を大きく振りチームを鼓舞します。

聖蹟は一気に桜高陣地に入り、臨戦態勢となります。

速瀬 「上がったんだから俺を使えよ!!」

大柴 「俺だ寄越せ!!」

速瀬と大柴はボールを持つ君下にパスを出すよう要求します。

君下父 「敦選択を誤るなよ」

速瀬、大柴、灰原が君下の様子を伺います。

君下 「ふん 一番危険な奴がお留守だぜ」

そう言いつつ君下が出したパスの先には柄本が待ち構えていました。

加藤 「だがぁパスがやや弱い」

柄本へのパスを奪おうと芹が柄本にプレッシャーを掛けます。

灰原 「マーク来てるぞ柄本!!」

柄本は綺麗にターンをして、芹を避けてパスを受け取ります。

丸岡・甲斐 「はぁーーーーーーーーーーっ!!?」

柄本のプレーに丸岡と甲斐は驚きの声を上げます。

・・・

第297話は以上となります。

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「DAYS」297話の感想

遂に聖蹟対桜高の試合が始まりましたね。

序盤から柄本が存在感を見せています!

風間がいないこともあるのでしょうが柄本の気合いの入ったプレーが印象的でした。

そして、突然?というべきでしょうか。

柄本のプレーが格段に上手くなっていましたね。

偶然なのか実力なのかはまだ定かではありませんが確実に上手くなっていますね。

柄本のプレーも注目ですが、どちらが試合の序盤を制すのでしょうか。

いきなり激しい攻防となった試合がどう繰り広げられるのか次回の展開に期待が高まります。

・・・

感想は以上となります。

※次の第298話はコチラ!
298話:「激戦の記憶」柄本の気合

無料で読める!

以上で「DAYS」297話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

さてこの「DAYS」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「DAYS」をもっとくわしく知りたい!
コチラをクリック >>>「DAYSネタバレ!」

スポンサーリンク