ドクターストーンのネタバレ95話&感想!油臭いイノシシで石油は見つかる?

2019年3月2日

スポンサーリンク

この記事ではDr.STONE(ドクターストーン)の第95話(ジャンプ2019年13号 2月25日発売)のネタバレと感想についてお届けいたします。

油臭いイノシシを使って石油探しが始まる!

役目を終えたイノシシの運命は?

では、早速Dr.STONE(ドクターストーン)95話のネタバレについて見ていきましょう。

※「ドクターストーン」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>「最新刊」を無料で読む!

ドクターストーン第95話のネタバレ

※前回の第94話はコチラ
第94話: 主食を手に入れレストラン開業⁈

スイカは油臭いイノシシにサガラと名付けて早速石油のある所に案内を頼みます。

イノシシは走り出し石油が染み出ている所にダイブし大喜び。

千空もガッツポーズしました。

少量すくい上げそこに火をつけてみるとしっかり燃え、スイカやコハクは水なのに燃えた!と驚きました。

本来食料として捕獲されたサガラは油臭さが染み付いて不向きだと料理されずに済みスイカは喜びます。

千空は石油の品質を確かめるためモーターボートを用意しました。

そこに大樹が現れて石油のにおいを嗅ぎ、あの日化学室で作ってくれた惚れ薬と同じ匂いだと気づきます。

大樹を信頼している千空は超高品質のガソリンだと確信しモーターボートにガソリンを入れると早速大海原へ飛び出しました。

一気に陸地が見えなくなり周りが海だけになると初めての体験にクロムは帰れるのか心配になりました。

その心配を打ち消すように千空がGPSを作ると言い出しました。

ゲンが衛星は無理でしょと言うと千空は人工衛星の代わりに地上の灯台を使って強力電波を垂れ流すことを考えていました。

水車のパワーで電波を全開にし、羽京の耳を頼りにアンテナをブン回して電波の方角&強度で距離を概算するという手作り感満載なアナログ手法で地上との連絡もバッチリ取ることができました。

ルリがクロムに話している途中で急に雑音が入ります。

羽京は雑音じゃない、どうして…?

急にどっかから膨大な電波が来て飽和してて方角すらわからない、誰かが意図的に周波数合わせてきてると言います。

千空は何者かが気付いたことを察知しました。

その雑音をよく聞いてみるとモールス信号でした。

同じ信号を繰り返しているそれを解読すると

「WHY」。

千空達へのメッセージでした。

・・・

第95話は以上となります。

※「ドクターストーン」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>「最新刊」を無料で読む!

ドクターストーン第95話の感想

イノシシが食べられなくて良かった!

なんとなくペットになる気はしていましたが、相良油田だからサガラってシンプルすぎます!

でも料理は?ふと気になりました。

いつの間にモーターボート作ったの?と少し疑問でしたがきっと千空が石油見つかったら必要になると用意していたんでしょうね。

ガソリンも手に入れてここまで凄く順調だったのでモールス信号での「WHY」は新たな敵の予感がしますね!

電波が読まれてると今の手法は無理そうですが今後どうしていくのか気になるし電波の向こうの

相手にも注目ですね。

・・

感想は以上となります。

次の第96話はコチラ!
第96話: ホワイマンの正体を探せ!?

無料で読める!

以上で「ドクターストーン」第95話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「ドクターストーン」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ドクターストーン」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>「最新刊」を無料で読む!


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ドクターストーン」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ドクターストーン最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク