ゴールデンカムイ最新188話のネタバレ&感想!杉元とアシリパが再会する!

2019年3月7日

スポンサーリンク

ついにアシリパと尾形に追いついた杉元。

杉元が遭遇したのは、殺さないことを決意するアシリパに、尾形が銃を向けたところでした。

その場面を目にした杉元は怒号を響かせ二人の間に乱入します。

果たして尾形はどうなるのか?

そして、杉元とアシリパの感動の再会は?

今回の記事ではゴールデンカムイの第188話についてネタバレと感想をお届けしたいと思います。
(1月31日発売のヤングジャンプ9号掲載)

では、早速見ていくことにしましょう!

※「ゴールデンカムイ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「ゴールデンカムイ」第188話のネタバレ

※前回はコチラ!
187話:清い人間と罪穢れ!!

「尾形ぁ!!」

杉元の怒号に、アシリパは驚いて弓を放ってしまう。

放たれた矢は、尾形の左目に命中してしまう。

その場に崩れ落ちる尾形。

尾形はアシリパの方を見て、にやりと不気味な笑みを浮かべた。

撃つつもりはなかったアシリパの顔から冷や汗が噴き出す。

杉元が尾形に駆け寄ると、髪を引っ掴み、携行用小刀を開いた。

杉元は尾形に馬乗りになり、小刀を目に挿し込んだ。

その場にへたり込んでしまうアシリパ。

その右手は小刻みに震えている。

眼窩から、矢が刺さった右眼が抉り出された。

杉元は残った毒を吸い、吐き出す。

「この流れでは死なせねぇぞ」

言いながら、杉元は布を引き裂く。

「あの子を人殺しにはさせねぇ」

アシリパはただその光景を見つめることしかできなかった。

「お前の『死』にこれっぽっちも関わらせるもんかよ!!」

尾形の目に布を巻いていく杉元。

氷が割れ、アシリパが流されそうになる。

「アシリパさん!!」

アシリパは杉元の呼ぶ声にハッと我に返った。

「俺の手を…!!」

「杉元!!」

アシリパが杉元の伸ばす手を掴んだ。

杉元はアシリパを抱き締める。

「やっぱり生きてた」

再会を喜ぶ二人に駆け寄ろうとするリュウを、白石が窘める。

杉元はアシリパにさあ行こうと促した。

「離れない…!!」

アシリパの返事に困ってしまう杉元。

杉元は、でもキロランケを追わなければと、アシリパを諭す。

「なんか…まぶたがくっついて離れないッ」

アシリパの瞼が凍った金属のボタンに引っ付いてしまっていた。

慌てる杉元は、アシリパに動かないよう言うと、白石を呼んだ。

「オシッコかけてくれ」

予想外の言葉に、白石とアシリパは思わず聞き返した。

アシリパが慌てるが、杉元と白石はお構いなく話を進める。

「やめろおおお!」

放たれる白石のオシッコ。

瞼が離れたアシリパは、白石を止める。

「オイ杉野と泣いてんのかよ?」

「お前のオシッコだ」

・・・

第188話は以上となります。

※「ゴールデンカムイ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「ゴールデンカムイ」第188話の感想

頭に血が上った尾形がアシリパに銃を向けるという、ハラハラする展開で終わった前回。

今回は、ついに、杉元がアシリパと尾形に追いつきました。

これまで追い掛けてきた甲斐がありましたね!

アシリパがうっかり矢を射ってしまってから、杉元が尾形を死なせないためにすぐに行動したところに頼もしさを感じました。

尾形の最期が後味が悪い終わり方にならなくてほっとしました。

そして、杉元とアシリパの感動の再会で綺麗に終わるのかと思いきや、そうはいきませんでしたね(笑)

アシリパの瞼がくっついてとれないというハプニングから、白石のオシッコをかける流れに、勢いとスピーディーな展開で、少し笑ってしまいました。

まさか白石のオシッコが伏線だったとは夢にも思いませんでした。

感想は以上となります。

※次回はコチラ!
189話:血の跡を追う鯉登少尉たち

無料で読める!

以上で「ゴールデンカムイ」第188巻のネタバレと感想について終わらせていただきます。

この「ゴールデンカムイ」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ゴールデンカムイ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ゴールデンカムイ」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ゴールデンカムイ最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク