猫ひろしが仁川アジア大会出場へ!結果は優勝だ!ファイト!

2014年11月28日

スポンサーリンク

どうも、こんにちはヽ(^0^)ノ、ねこまりもです。
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

あの猫ひろしさんが、マラソンのカンボジア代表として今年2014年の秋に開催される韓国の仁川アジア大会への出場が決定したそうです!

猫ひろしさんは、本番までの3ヶ月間しっかりと練習をして、最高の走りを見せる!
というコメントを発表されたそうです。

ぜひがんばって上位に食い込んでもらいたいですね(´∀`)

この話を聞いて、猫ひろしさんの事が気になりいろいろと調べましたのでシェアさせていただきますね。

◆猫ひろしとは?

千葉県出身のお笑いタレントでマラソン選手です。
今年で37歳となります。

2011年になんとカンボジア国籍を取得しました。
理由は、ロンドンオリンピックのカンボジア代表になるためです。

2010年のアンコールワット国際ハーフマラソンで3位になった時に、カンボジア側からオリンピック代表にならないかという打診があり、これがきっかけでカンボジア国籍取得の動きを取ったそうです。

国籍を変更してまでオリンピック出場を目指すってすごいですね。。。
しかし、当時はこの理由で国籍を変えることに対して倫理的な問題が提議されて話題になりました。
いろんな角度による見方で賛否両論はあると思いますが、猫ひろしさんの大会出場への思いは何としてでも出場する!ということだったと思いますし、これを実行する行動力は見習うものがあると思います。

ロンドンオリンピックについては、結果的に参加不可能となります。
理由は、国際陸上競技連盟から指摘が入り、猫ひろしさんが過去に国際競技会での実績がないことや、国籍取得から連続1年以上の居住実績がない、などの参加資格を満たしていないことを通達されて、参加できませんでした。

猫ひろし

◆猫ひろしさんのこれまでの実績

最初はバラエティ番組で始めたマラソン。
挑戦として始めましたが、いずれ本格的に取り組むようになります。

TBSの「オールスター感謝祭」のマラソンコーナーではなんと4回も優勝します。
確かにこの頃は、私もテレビで猫ひろしがマラソンでよく上位になっていた印象があります。

2010年、アンコールワット国際ハーフマラソンでなんと3位に入賞します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2013年、ミャンマーの東南アジア競技大会のカンボジア代表選考会でなんと優勝して、カンボジア代表に選ばれました。
タイムは2時間36分39秒!

そして、この2013年の第27回東南アジア競技大会では4位で入賞しました。
タイムは2時間32分54秒。
ちなみに1位はシンガポールでタイムは2時間28分36秒

猫ひろしアジア大会
「2013年ミャンマー東南アジア競技大会にて」

1位とたった4分差なんですね。。すごい。
猫ひろしさんはもうすぐ40代に突入するのに、すごいですね。。
日々のトレーニングの賜物と本人は言ってるそうですが、何かと年のせいにしてしまう私は反省して見習わければいけません・・

次はぜひがんばって優勝してもらいたいですね!(´∀`)

そして今回2014年は仁川アジア大会出場です!

仁川アジア大会は、2014年9月19日から10月4日まで、韓国の仁川で開催されます。

ぜひ、この仁川アジア大会で3位までには入賞してメダルを獲得し、優勝してもらいたいですね。優勝すれば、日本だけではなく世界中から注目を浴びて一躍時の人になります!(´∀`)

今までの頑張りをぜひぶつけてもらいたいです。

仁川アジア大会、今から心待ちにしております(^O^)

最後までおつきあい頂きましてありがとうございましたm( _ )m

スポンサーリンク