ブンゴのネタバレ193話&感想!両者好調のピッチング!

2019年7月11日

スポンサーリンク

この記事では「BUNGO-ブンゴ-」の第193話(7月4日発売のヤングジャンプ31号掲載)のネタバレについてシェアさせていただきます。

静央VS富士ヶ丘戦。3-2と静央がリードし3回裏富士ヶ丘の攻撃。

静央ピッチャー瑛太は新球ジャイロスライダーを武器に、1番皆浦、2番碓井を三振に打ち取ります。

迎えるバッターは3番河村。

初回に片手ホームランを放った河村ですが、ジャイスラにはタイミングが合わず苦戦します。

しかし、河村のパワーと技術でライト前に運ばれ2アウト1塁。出塁を許してしまいました。

完璧に打ち取れなかった瑛太、ジャイスラに歯が立たず翻弄された河村。

両者は次の打席で決着をつけると意気込んでいました。

早速「BUNGO-ブンゴ-」の193話を見ていくことにしましょう。

※「BUNGO」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「BUNGO-ブンゴ-」の第193話のネタバレ

※前回はコチラ!
第192話:瑛太対河村、勝負の行方は?

河村に出塁を許すも、瑛太は4番西浦を難なく捌き3アウト。3回裏の攻撃を抑えます。

しかしベンチに戻った瑛太は「くそっ」ともらしていました。

観客席で近藤は玄崎に瑛太の「ピッチトンネル」について解説しています。

投球プレートから本塁プレートまで約18m、おそらく瑛太は7・8mの段階までカット・
ツーシーム・チェンジ・ジャイスラ・・・ほぼ全球種をトンネルを通るように同じ軌道に乗せる事ができると言います。

そして、バッターがスイングする頃にあらゆる方向へ球は変化し、軌道の違う通常のスライダーもアクセントに使うことができると言います。

バッターにとってこれほど厄介な事はない、中学でこのレベルの投球技術は相当すごいと近藤は瑛太を評価します。

スケールの大きさでは文吾だけど、現時点での完成度で言えば遥かに瑛太が勝っていると考えていました。

家長は、あのボールを是非習得したいところだが一朝一夕で覚えられるものではないだろうと考えていました。

新しい変化球を覚えると他のボールの質が下がるリスクがあるため、諸刃の剣となる可能性を秘めています。

しかし瑛太は、多彩な変化球を高水準で自在に操り投げることができています。

家長は「驚異的だな」と瑛太を評価していました。

鮎川兄は、瑛太の日頃の異常なまでの鍛錬の反動が来るのではないかと憂慮していました。

でも今のピッチングを見て要らぬ心配だったか・・・と感じました。

鮎川兄は、瑛太の成長が嬉しくもあり、悔しくもあり、どこか歯がゆくもある。だが誰よりも誇らしい!!と喜んでいるのでした。

4回表静央の攻撃は6番瑛太から。

富士ヶ丘ピッチャー碓井は「勘違いすんなよ。静央のペースだと思ってんだろ?」と意気込んでいました。

俺達はリードされる展開は想定済み、何の問題も無い。俺達の闘い方はブルドックみてーに喰らいついて喰らいついて喰らいついて・・・最後に逆転する!!

碓井の気迫のピッチングによって静央は三者凡退に沈みます。

そして4回裏富士ヶ丘の攻撃。

瑛太は「流れは渡さん・・・1ミリも油断はしない!!丁寧に・・・確実に!!」と下位打線にも油断しないピッチングを見せます。

慎重になりすぎてフォアボールを出してしまうほどで、キャッチャー袴田に「バカヤロー、流れを渡したくねーのは分かるが、下位打線に慎重になりすぎんなよ」と言われてしまいます。

一方富士ヶ丘ベンチでは河村の姿が見えません。

西浦が「さっき裏行ったで?トイレちゃう?呑気・・・」と言います。

河村は瑛太のピッチングをイメージして「ファウルだ・・・セカンドゴロだ・・・まだ違うね」とぶつぶつ言いながら素振りをしていました。

・・・

第193話は以上となります。

※「BUNGO」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次に感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「BUNGO-ブンゴ-」の第193話の感想

河村に出塁を許したものの、4番西浦を打ち取って失点することもなく攻守交替できてホッとしました。

でも瑛太は納得がいっていませんね。本当は河村を打ち取りたかったんでしょう。

勝負は次の打席に持ち越しですね。

ただ観客席の皆には、瑛太のピッチングはものすごく評価されていましたね。

怪物河村を翻弄するんですから、当たり前の評価とも言えますが。

瑛太はここへ来てものすごい成長を遂げています。

しかし碓井も気迫は負けていませんし、実際に三者凡退に打ち取っていますから相当なものです。

4回はどちらも追加点はなく、5回を迎えることになるんでしょうか。

河村のイメージトレーニングも怖いですね。

あの素振りを繰り返して、ぴったり合ってしまったら・・・瑛太は打たれてしまうんでしょうか?

次回も気になります!

・・・

感想は以上となります。

※次の第194話はコチラ!
第194話:両捕手の手腕こそ..

無料で読める!

以上で「ブンゴ」193話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「ブンゴ」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「BUNGO」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ブンゴ」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ブンゴ最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク