DAYSのネタバレ最新313話&感想「花束を君に」来須の本音

スポンサーリンク

今回の記事では「DAYS」第313話のネタバレと感想をお届けいたします。

今回の「DAYS」313話の見どころは聖蹟の攻撃です。

聖蹟高校のチーム全員が一つとなって繋いだボールが水樹に託されます。

・・

では早速「DAYS」313話を見ていくことにしましょう!

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「DAYS」313話のネタバレ

※前回の312話はコチラ
312話:「父と子」繋ぐボール

水樹は聖蹟のメンバーが繋いだボールを受け取ります。

そして、犬童をかわして残るはGKの近藤のみという状況に持ち込みます。

水樹はフリーで力強いシュートを放ちますが、近藤の正面でセーブされてしまいます。

周囲はシュートを正面に放ったことによって一瞬固まってしまします。

しかし、近藤はセーブはしたもののシュートの強さにキャッチが出来ずはじきます。

その浮いたボールに水樹がヘディングシュートで更に追い打ちをかけます。

近藤はこれも何とか防ぎますが、ボールは再びこぼれます。

そのこぼれたボールに柄本と芹沢が詰め寄ります。

柄本 (今度こそ自分が!!!)

柄本は何が何でも自分が決めると意気込んで走ります。

来須はベンチから必死でプレーする柄本を見つめながら風間のことを考えます。

来須 (風間お前今何してんだよ)

風間が病院でこの試合を観ているのか。

柄本がここまで成長する事を風間は何処で分かっていたのか。

来須は柄本はどうせすぐやめてしまうと思い込み、全く予見できていなかったこと。

しかし、柄本が成長するたびに嫉妬、尊敬、冷笑と全てが入り混じった何とも言えない気持ちを来須は抱え続けます。

そして、来須は本当は柄本の努力が報われて欲しかったことに気が付きます。

柄本が走り込み倒れながらもヘディングシュートを決めます。

ボールは真っ直ぐゴールに向かい、ボールがネットを揺らします。

・・・

第313話は以上となります。

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「DAYS」313話の感想

ついに、ようやく聖蹟は念願の先制点を取りましたね。

何度もチャンスを掴みながらも決定打にまでは至りませんでしたが、

全員で繋いで繋いで取った重みのある一点に感じました。

そして、風間の穴を埋めるべく走り回った柄本が最後は決めきりましたね。

この様子を風間は見ていたのでしょうか。

是非、見ていて欲しいものですね。

そして、ついに試合が動きましたが、ここから桜高はどう動くのでしょうか。

先制点を取ったとはいえ、まだまだ気を抜けない聖蹟と追いつきたい桜高

均衡が破れた試合がどのように動き出すのか次回以降の展開に期待が高まります。

「DAYS」313話のネタバレと感想は以上になります。

無料で読める!

以上で「DAYS」313話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

さてこの「DAYS」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「DAYS」をもっとくわしく知りたい!
コチラをクリック >>>「DAYSネタバレ!」

スポンサーリンク