ゴールデンカムイのネタバレ最新214話&感想!杉元の告白と尾形の暴発

スポンサーリンク

ついに隠し金塊の在処を見つけたアシリパ。

「これでやっとアイヌが解放される」

「アチャに会いたい・・・」

アシリパの瞳から、嬉し涙と悔し涙が一緒になって流し出していました。

杉元は、感情が高ぶったあまり、アシリパにプロポーズしますが見事にフラれてしまいます。

アシリパを尾行していた鶴見中尉は、隠し金塊を横取りしてしまいます。

その様子を見ていた土方歳三一派は、鶴見中尉ら第七師団に向かって襲い掛かります。

両者入り乱れる中、再び隠し金塊を奪い返そうと奮闘するアシリパと杉元。

その時、一発の銃声が木霊します。

見事に復活した尾形が放ったものでした。

「バタン」

銃撃により倒れ込む一人の影・・・

果たして誰が狙撃されてしまったのでしょうか?

・・・

今回の記事ではゴールデンカムイの第214話の展開について一足先に独断と偏見で大胆に予測させていただきたいと思います。

では、早速見ていくことにしましょう!

※「ゴールデンカムイ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「ゴールデンカムイ」第214話のネタバレ

※前回はコチラ!
第213話:のっぺら坊の秘密

では、214話の展開について独断と偏見で予想をしてみましたのでぜひご覧ください。

・・・

ついに隠し金塊の在処を見つけたアシリパは、杉元に向かって叫びます。

「これでやっとアイヌが解放される」

「この隠し金塊はアチャのお陰・・・」

「アチャに会いたい・・・」

アシリパの瞳から、嬉し涙と悔し涙が一緒になって流し出していました。

その姿を見ながら、杉元は優しくそっと呟きます。

「アシリパさん、俺と一緒になろう!」

「一緒にアイヌの国を作ろう」

「そして一緒に子供も作ろう!!」

杉元は勢い余って、アシリパに告白してしまいました。

隣でそれを聞いていた白石は、唖然とした表情でズッコケています。

谷垣は、いつもの無表情ながらも安堵した雰囲気が感じ取れます。

しかしアシリパは、杉元に向かってキッパリと“断り”を告げます。

「杉元は私の同士だ」

「まだ、とても結婚相手には思えない・・・」

「すまない…」

そう言って恥ずかしそうに背を向けると、アシリパは裏山に向かって消えて行ってしまいます。

予想外の展開に唖然としている杉元。

そんな杉元に向かって、能天気な格好で白石が声を掻けます。

「おい杉元、どうやらフラれてしまったようだな・・・」

「まぁ、以下のお前じゃ仕方ないかぁ・・・」

「替わりに俺が・・・」

その刹那、杉元の拳が白石の顔面を貫き通しています。

グシャグシャになりながら、星屑のように夜空に消えてしまう白石。

谷垣は、夜空に向かってインカラマッに早く会いたいと強く妄想していました。

その騒動の最中、アシリパを尾行していた鶴見中尉ら第七師団は、隙をついて隠し金塊全てを盗み出すのに成功してしまいます。

鶴見中尉は、辺り一面の隠し金塊を抱きしめながら、高揚した口調で発狂します。

「やっと隠し金塊を見つけた!」

「これで我が国は私のものだ!あははは」

「祝願成就だぁぁ!」

鶴見中尉の額からは、いつもの白い液体が滝のように流れ落ちていました。

「ダダダダダダダダッ」

その時、裏山から、土方歳三一派が第七師団に襲い掛かるように飛び出してきます。

必死に反撃する二階堂上等兵や宇佐美一等卒、菊田特務曹長、鯉登少尉、月島軍曹・・・

目の前の隠し金塊を奪い取ろうと必死の形相で戦闘する都丹庵士や有古、牛山・・・

その騒動の間隙を縫って、再び隠し金塊を奪取しようと展開する杉元とアシリパ、白石、谷垣・・・

「バキュン」

1発の銃声が一面に木霊します。

見事に復活した尾形が、遠方より狙い澄まして撃ったものでした。

「バタン」

狙撃されて倒れ込む1人の影・・・

果たして誰が倒れたのでしょうか?

・・

以上が大胆に予測してみた第214話の展開予想です。

次は「ゴールデンカムイ」のコミックを無料で読む方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料で読める!

以上で「ゴールデンカムイ」第214話の予測について終わらせていただきます。

この「ゴールデンカムイ」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ゴールデンカムイ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ゴールデンカムイ」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ゴールデンカムイ最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク