約束のネバーランドのネタバレ151話最新&感想!勝つのは!?鬼か!?人間か!?

スポンサーリンク

ギーランを倒した女王の前に現れたザジ!

鬼と人間の戦いが遂に始まる!?

・・・

この記事では『約束のネバーランド』151話についてあらすじと感想をお届けしたいと思います。

では、早速見ていくことにしましょう!

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

約束のネバーランド第151話のネタバレ

※前回の149話はコチラ
150話:ついに鬼達の戦いは佳境へ!!

祭場に現れたザジはいきなり女王の顔面を狙い攻撃を始めます!

女王の頬に傷を付けると間髪入れずに天井からシスロとバーバラが降りてきて女王に更なる攻撃を仕掛けます。

ノーマンの作戦はこうでした。

女王とギーランを戦わせ消耗したところを間髪入れずに攻め続ける。

実験では鬼は再生・変異・身体強化をするために莫大なエネルギーを消費する。

消耗が一定ラインを超えると戦闘効率は格段に落ちる。

補給させなければ勝機がある!

死体の一欠片も補給の間を付けさせず攻め続ける!

作戦通りザジ達は女王に向かっていきます。

ノーマンの言う通り女王はかなり消耗しているのが戦う三人に伝わります。

女王は崩れを狙う人間の意図を掴み腹さえ満たせればと考えます。

ザジが思いきり切りかかると女王は「図に乗るなよ」と一瞬で後ろにいたバーバラの元へ行き爪で串刺しにします。

バーバラを食べようと口を開いた瞬間、ザジが咄嗟に女王の腕を落とし冷静を失い切りかかりますが防がれてしまいます。

女王は傷を再生させようとしますが体に異変を感じます。

イヴェルクや側近の鬼も同じく異変を感じ、毒を撒かれたことに気づきます。

その頃城下でも毒薬が撒かれ退化した鬼が暴れています。

ノーマンは「強制的に退化を促す毒薬」を作っていて、それは個体差はありますが女王達にもようやく効いてきました。

毒薬のおかげで女王の爪も伸びなくなり武器がなくなったところにザジが「くたばれ化け物‼」と切りかかりました。

・・・

第151話は以上となります。

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

約束のネバーランド第151話の感想

最後の血しぶきはどっちのなんでしょうか!?

決着は次回まで保留になってしまいましたが、ザジが切りかかる前に女王は何かに気付いて小細工したように見えたのでもしかするとバーバラに続きザジまでやられてしまうのかな?とハラハラしたままです!

城下でも毒薬が撒かれて退化した鬼が暴れていましたが、ムジカ達にも毒は効くのか心配です。

邪血を取り込んだ女王にも効いているし効くのではないかと思うのですが、だとしたら本当に鬼絶滅が叶ってエマのしてきた約束が水の泡になってしまいますよね!

毒を撒かれてしまった後ではノーマンの説得も無意味に感じられるのですがエマとレイにも何か策があると信じたいです!

次回はノーマンの元へエマが辿り着く頃かと思いますが、どうなっていくのか見逃せませんね!

・・・

以上となります。

※次の第152話はコチラ!
152話:女王vsザジ遂に決着!?

次は「約束のネバーランド」を超お得に見る方法です。

無料で見れる!

以上で「約束のネバーランド」第151話の予測について終わらせていただきます。

さてこの「約束のネバーランド」を文章だけではなくてアニメや漫画でも楽しみたくありませんか?

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

↓↓合わせて読みたい↓↓

※第151話のあらすじについて予測・考察させていただいた前バージョンです。ご参考までに!

~バージョン1:ギーラン VS 女王レグラヴァリマついに決着!!~

前回、ギーランの部下達が自爆しましたが、女王レグラヴァリマは無事なのか!?

ギーランの部下達が自爆した理由とは一体!?

ギーラン VS 女王レグラヴァリマ勝利したのはどちらなのか!?

そして、戦いはついにクライマックスへ!!

第151話の予測の前に少しだけ第150話を少し振り返ってみましょう。

150話では、ギーランの部下達が自爆して女王レグラヴァリマを倒そうしましたが、女王に傷一つつけられませんでした。

しかし、女王はダイナマイトの中に粘着性の高いものが入っていたため、動くことができなくなります。

そもそも部下達は自分では女王を倒すことはできないと考えており、動きを止めてギーランに首を刈り取らせることこそが狙いだったのです。

そして、部下達は自分達を食べてギーランの一部にしてほしいと言います。

その願いを聞いていたギーランは部下達のことを想いながら部下達の頭を食べ身体を強くして女王を棒のようなもので攻撃しますが、面にヒビすら入りません。

しかし、それも想定内で何度も面が割れるまで殴り続け面が取れると刀を取り出し、女王の顔を上から刺そうとしたその時、突然ギーランの身体がサイコロのようにバラバラになります。

ギーランは何が起こったのかすら飲み込めていない状況で女王はギーランの首を持ち上げて嘲笑います。

女王にとってはギーラン達の攻撃は少し疲れただけのようで普通に話し出し、死んだ部下をギーランに見せながら

「義が勝つとは限らぬのよ。」

と言います。

そして、ギーランがやっていることは子どもを手にかけた時点でもはや義からズレているとそして

「700年でよう濁ったのぅ。」

とも言います。

その様子を見ていたギーランの部下達は時間稼ぎをしようと立ち向かいますが、女王は振り返ることもなく全員殺してしまいます。

ギーランは部下達のためにと再生しようとしますが、女王に首を落とされ踏みつけられ死んでしまいます。

イヴェルクは笑いながらギーランの死体に近づき、バラバラになったギーランの死体を何度も踏みつけます。

一方の女王は興味がないようで腹が減ったと言いギーランの頭を食べようとした時、様々な方向から沢山の銃弾が飛んで来ます。

銃弾での攻撃が終わった後、何者かの足音が聞こえてきてイヴェルクは農園を襲っていた黒幕だと考えます。

すると、そこにやって来たのはザジだったためイヴェルクは

「人間!?」

と驚き、ザジは

「あうあー。」

と言います。

・・・

では第151話ではいったいどのような展開になるのでしょうか。

今回はギーラン VS 鬼の女王レグラヴァリマの戦いがどうなるのかということが描かれた回だったと思います。

女王が勝つというのはノーマンの計画通りなのかは分かりませんが、ノーマンの中ではどちらかが勝ったらと考えていたため想定内だと思います。

最後のシーンで女王がギーランの頭を食べようとしていた時に銃弾が飛んできたためあれは女王がこれ以上強くなるのを阻止するためにシスロやバーバラが打ったんだと思います。

ザジが単身で女王達のところへ来ましたが、あれは先陣を切ってやって来ただけで屋根裏に隠れていたシスロやバーバラがその後、別で攻撃を仕掛けるのだと思います。

ザジが女王のところに行ったことをきっかけに最後のページにも書いてあったようにΛ(ラムダ) VS 女王の戦いが本格的に始まるのだと思います。

しかし今回、女王レグラヴァリマにはギーランの部下達があの至近距離でダイナマイトを爆発させたにもかかわらず傷一つつかずきかないということがわかったので、ノーマンは別の手を用意していると思います。

というのも、ギーランの部下達でさえただ自爆して殺そうとするのではなく、粘着性の高いものを使用するという工夫をしていたので、頭の良いノーマンがそのことを知らない又は、女王には爆発はきかないということは知っているんだと推測できます。

それに、だからこそノーマンはヴィンセントに鬼を殺せる薬を作らせていたのだとも思います。

女王は正直、想像していたよりも遥かに強いためおそらくあの薬を使って殺すしかないと思いますが、あの薬を使った場合、鬼を食べているシスロやバーバラ、そして他にも人体実験をさせられたであろうヴィンセントやザジは身体的に大丈夫なのかどうかということも気になります。

鬼達にとっては女王達のところにザジが行った時、ザジを見て人間なのかと驚いていたことを考えるとイヴェルクは、黒幕の正体は別の鬼だと思っていたか、又は、ザジが人間だとは思えなかったということだと思います。

前者だった場合、ギーランとは別に女王や五摂家のものを恨んでいる鬼がきてその鬼の検討がついているためで、それがムジカやソンジュだと思っていたという可能性もあるとは思います。

逆に後者だった場合、ザジは人間ではありますが、おそらくΛ(ラムダ)で様々な人体実験をさせられているのだと思うので、人間と鬼のハーフということも十分あり得ると思います。

なので後者だった場合は、ザジの身に一体何があったのか、人体実験のせいで話すことができないのか、ザジは一体何者なのか、ザジの素顔なども明らかになると思います。

そして、Λ(ラムダ)で一体ザジやヴィンセント、シスロやバーバラの身体に何があって、シスロやバーバラの発作のようなものはそれに関係しているのかどうかということも描かれていくと思います。

一方の今回は登場しなかったエマとレイ達は上の通路を通っているはずですが、2人は今どこらへんにいて、何をしているのか、ノーマン達に近づくことはできているのか、そもそもたどり着くことができるのか、たどり着けるとしたらどの場面で到着することができるのかなどが分かると思います。

そして2人はノーマンの計画が終了してしまう前にはたどり着くとは思いますが、間に合った場合はどのようにしてノーマン達をそして鬼達を止めるつもりなのかも分かっていくと思います。

あと、今のところ全く別の行動をとっているドンとギルダ、そしてソンジュとムジカですが、城下にいる鬼達にドン達は人間だとバレてしまった場合逆に逃げ場がないため追い込まれてしまう事態になると思います。

ソンジュとムジカは鬼ですが、一応鬼達に追われていた身ですし、もう死んでいると思われているため生きているとバレてしまったら危ない目にあうと思います。

しかし、ソンジュはエマと○○(読めない文字)との約束をよく思っていない様子があったので、ドン達が危険な状況になっても助けてくれないというのもあり得ると思います。

エマ達がノーマンの計画が阻止して、仲間が減ることなくもう一つの人間の世界へみんな仲良く一緒に行くことができればと願っています

・・・

以上となります。

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

↓↓合わせて読みたい↓↓

スポンサーリンク