モトカレマニアのネタバレ1巻&感想!モトカレが忘れられない!

2019年9月24日

スポンサーリンク

この記事では「モトカレマニア」1巻のネタバレ・感想をお届けいたします。

この作品はいつまでもモトカレを忘れられない主人公を中心に恋が動く恋愛ものでありコメディ要素もある作品となっています。

では、早速「モトカレマニア」1巻のネタバレについて見ていくことにしましょう。

※「モトカレマニア」が超お得に読めます!

興味がある方はコチラ↓

モトカレマニアを無料で読む!

「モトカレマニア」1巻のネタバレ

社会人6年目で求職中の難波ユリカは元カレの斎藤真(マコチ)が忘れられずにいました。

そのため、Facebookのようなアプリ、Fatebookでマコチを探すのが日課となっていました。

しかし、今日は面接の日なので準備します。

その時もマコチの写真に話しかけることを忘れません。

面接先のチロリアン不動産に行くと社長から男を採用したかったこともあり、仮採用を言い渡されます。

それでも働くことを決意したユリカは社長の安藤、専務で甘党の城、バカ担当の大沢、他力本願な白井と後一人のメンバーとともに仕事をすることになりました。

そのことを妄想のマコチに報告すると喜んでいました。

そして、これからの不安を打ち明けると励ましてくれ喜んでいました。

その夜、大学の同期ひろ美と行きつけの居酒屋ネコ目で飲んでいたユリカはチロリアン不動産を見つけたのはマコチ関連ということを言うと引かれます。

ユリカがマコチを意識に出したのは別れた後に付き合った人たちがマコチ以下でその時にマコチの偉大さを知ったからでした。

そんな状態をひろ美は心配しますがユリカは聞く耳持たずでした。

チロリアン不動産に入社しての初めての仕事は内見で山下という会社員に気に入った部屋を見せるものでした。

山下はマコチと首のほくろの位置が一緒だったのでユリカはときめきつつも山下から申込みを申請されます。

その夜に安藤たちは飲み会をしますがユリカは女ということでセクハラを未然に防ぐために参加できませんでした。

そして、ひろ美とネコ目で鬱憤を晴らしていました。

数日後、ユリカは山下と偶然出会いご飯を共にします。

美味しそうにご飯を食べる姿を見て山下は羨ましそうにしていますが、ユリカはマコチのことを思い出して泣きそうになってしまいます。

そのことで山下の元をあとにしたユリカは白井と会い会社へ行きます。

会社に着くとユリカの歓迎会を開いてくれました。

その時にユリカはマコチと出会いました。

マコチの名字が福盛になって動揺してしまいますが、家庭の事情だったのでユリカは安心します。

すぐにユリカはトイレへ駆け込みFBでマコチを探してみるといたので感動すると共にマコチはいなくなっていました。

その夜にひろ美に話すと驚かれよりを戻すことを勧められます。

しかし、よりを戻すにも妄想のマコチが本命になっており現実のマコチはタイプではなくなっていました。

そんな時にユリカはマコチにFBで友達申請をしてしまいます。

この時からユリカは様子がおかしくなったようにかなり盛ったメイクで出勤します。

マコチを待っている間気が狂いそうになっている時に妄想のマコチが助けに来ますが、現実のマコチと会ったのでぼやけていました。

ユリカとマコチのことは会社でも話題になっていました。

外の仕事を終えるとマコチと出会いカフェへ行きます。

2人はぎこちない会話をした後にマコチからマンションの営業をされます。

そんなことがあったので次からはクールな様子になりました。

これは脳内会議をした結果であり、マコチに会ってもクールさを保っていました。

これを快感に思うユリカでしたがひろ美は怨念しか残っていないことを感じます。

そんな時に山下の手紙を読んだユリカはノリで山下に連絡します。

その夜にユリカは山下とご飯を食べます。

2軒目で山下から告白され了承しますがマコチから友達申請が承認される通知が来ます。

次の日にマコチとご飯を食べますがまたマンションの営業をされます。

そして、何もかも変わった現実を受け入れずユリカは山下と会ったときに1人泣いてしまいます。

その時に妄想のマコチが慰めてきますが、拒否し消してしまいます。

その後も山下と交際は続き、ついに山下の部屋へやってきます。

キスしていいムードになった瞬間、山下からモトカノが忘れられないことを告げられました。

・・・

第1巻は以上となります。

※「モトカレマニア」が超お得に読めます!

興味がある方はコチラ↓

モトカレマニアを無料で読む!

「モトカレマニア」1巻の感想

モトカレマニアのユリカにまさかの展開が待ち受けた1巻でした。

恋愛をすると必ずあるのが失恋。

それは円満であったり喧嘩別れであったりと人それぞれです。

問題なのは別れた後であります。

ある人は引きずることなく失恋でのパワーを次の恋に向けるよう努力し、ある人はいつまでたっても忘れられず先に進めないでいることもあります。

本作の主人公ユリカは後者にあたる人物でモトカレであるマコチのことを忘れられずに5年の歳月が経っていました。

マコチを意識し始めたのは他の異性と付き合ってからマコチがやっぱりよかったと思ったのでさらに深刻でした。

深刻さの度合いを示すことができ、脳内のマコチと会話を楽しむくらいユリカはモトカレマニアとなっていました。

そんな時にたまたま入社した不動産会社でマコチと出会ってしまいます。

しかも社員とお客ではなく、会社の一員として出会ってしまったのでユリカは可笑しくなってしまいます。

本来はモトカレとの出会いを喜ぶとお思いですが、ユリカの中のマコチは脳内のマコチであったので、さらにユリカは混乱してしまいます。

そして、ユリカはマコチとの格差に失望してしまい、マコチと自分自身を傷つけてしまいます。

モトカレに再会してモトカレがここまで大人になっているのに自分はと思ってしまい、攻撃的にマコチを攻めてしまったのかと思います。

そんな時にユリカの最初のお客である山下がユリカに迫ります。

しかし、ユリカにとってマコチ一筋だったのですが、マコチが自分とは違う世界にいると思い、思い切って山下との関係構築に励もうとします。

しかし、山下もモトカノを追いかけるモトカノマニアということを知るとユリカは驚いてしまいました。

1巻で脳内のマコチが消え新しい恋に進もうとしている時にその相手もモトカノマニアということを知ったユリカは今後どう山下と関係を構築するのでしょうか。

前に進めない引きずり女子が必死に前に進もうとする恋愛コメディに目が離せません。

・・・

感想は以上となります。

※次の第2巻はコチラ!
2巻:ユリカの新たな恋!

無料で読める!

以上で「モトカレマニア」1巻のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「モトカレマニア」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「モトカレマニア」が超お得に読めます!

興味がある方はコチラ↓

モトカレマニアを無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

※こちらもぜひご覧ください!
コチラをクリック >>>「モトカレマニア」の全巻ネタバレ!(ドラマもあり)

スポンサーリンク