ドメスティックな彼女第212話ネタバレ&感想!桃源先生と一実の再会は!?

2019年3月3日

スポンサーリンク

今回の記事では「ドメスティックな彼女」第212話(12月12日発売の週刊少年マガジン2019年2・3号掲載)のネタバレと感想をお届けいたします。

前回の211話は、桃源先生が行方不明になってしまったところで終わってしまいましたね。

桃源先生は無事でしょうか。

果たして2人は会うことができるのでしょうか。

続きが気になります。

・・

では、早速、第212話を見ていくことにしましょう。

※「ドメスティックな彼女」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「ドメスティックな彼女」第212話のネタバレ

あわせて読みたい!
211話 父と娘を繋ぐのは..

桃源先生が消えて大騒ぎになっている病院内。

少し体調を崩しているだけだと思っている一実に、夏生は先生が癌である可能性があると伝えます。

心当たりのある場所を探す2人。

先生の家で、病院に持っていった荷物と本日の取材先が書かれたメモを見つけます。

こんな時まで仕事をしようとする姿から、手術をしようとしていないことを一実に告げる夏生。

それを聞いて一実の顔色が変わりました。

「どうしてもいいたいことがある!」

一方、桃源先生は予想通り取材をしていたようで、夕日を眺めながら煙草に火をつけようとしていました。

「ダメー!!!」

それを一実に阻止され、驚く桃源先生。

後を追いかけてきた夏生から、一実に全て話したことを告げられます。

いい親ではなかったから合わす顔がないという桃源先生に、一実は言います。

「私に父親はいません!!」と。

それでも桃源先生の本を読み続けてきて、新人作家として先生に会いにきたと言います。

だから罪悪感は感じないでほしいと。

新作を見てもらおうと鞄から原稿を出そうとすると、原稿は風に飛ばされヒラヒラ空を舞います。

そして、先生よりいい作品を残して見せると伝え、言いました。

「絶対感想聞かせて下さい。」

「先生に憧れる一作家の作品として。」と。

桃源先生は一実の幼少期を思い出しながら、原稿にダメ出しをします。

「こんな宣戦布告されたらおちおち退場できねぇなぁ。」

そう告げる先生の顔は父親の顔でした。

先生は無事に手術の日程も決まり、退院して仕事に復帰したら、夏生は取材を手伝うことになりました。

その頃、瑠衣は部屋でルームメイトと休日の過ごし方について話をしていました。

誰か誘ってごはんとか…と言うルームメイトに対し、瑠衣はズバッと言います。

「デートの予定ならありますから。」

そこで今回は終わりました。

第212話は以上となります。

※「ドメスティックな彼女」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「ドメスティックな彼女」第212話の感想

桃源先生と一実が無事に出会えてよかったですね。

会えないまま桃源先生に何かあったらと思っていたので、筆者はホッとしました。

ひとりの娘としてではなく、ひとりの新人作家として宣戦布告をした一実。

先生がこれから償いとしてではなく、新人作家を育てることを生きる意味として考えられるようにとった行動なのかなと思いました。

親子愛を感じる見ていて心があったかくなるような、そんな回でしたね。

さて、アメリカの瑠衣ですが、デートの話がでてきました。

一体誰とのデートなのでしょうか。

今回もまた気になるところで終わってしまいました。

次回の展開も目が離せませんね。

・・・

感想は以上となります。

次の第213話はコチラ!
213話:次なる問題発生!?

無料で読める!

以上で「ドメスティックな彼女」第212話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「ドメスティックな彼女」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「ドメスティックな彼女」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ドメスティックな彼女」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ドメスティックな彼女の最新話ネタバレ!」

※人気漫画が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気漫画一覧」

スポンサーリンク