ブルーロック第15話のネタバレ&感想!青い監獄プロジェクトの状況は?

2019年3月21日

スポンサーリンク

この記事では「ブルーロック」の第15話のネタバレについてお届けいたします。

なんと高校生FW300人を集めて育成するというビッグプロジェクトの「青い監獄」。

このプロジェクトはいったいどこまで進んでいるのでしょうか?

では、早速内容を見ていくことにしましょう!

※「ブルーロック」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「ブルーロック」第15話のネタバレ

「日本サッカーをW杯優勝に導く世界一のストライカーを誕生させるために高校生FW300人を集めて育成する、この”青い監獄”プロジェクト。
そろそろ経過を報告する時期なんですが」

・・と、絵心に進捗を聞きに来るアンリ。

対して、絵心はカップ麺を作りながら

「今から至福の時間だから」と少し待つよう伝えます。

いつもカップ麺ばかり食べていると指摘される絵心ですが、

「現役時代に食事制限で食べられなかった分、今はこればかり食べてしまうんです」と答えます。

洗濯や掃除のような”代わりのきく仕事”はやらない主義の絵心は一時選考の進捗に対して

「順調、順調。そろそろスパイスの時間だ」と意味深に言います。

チームZがトレーニングフィールドそれぞれの武器を生かす練習を続けています。

ゴールの匂い、高い空間認識力が武器だと分かった潔ですが、ゴールを決めることができずにいます。

(何をどう使ったらいいのかイマイチわかんないんだよなぁ…)

千切りに突っ込んだ事を言ってしまって怒らせてしまった事、練習でも皆の足を引っ張ってしまっていると感じ落ち込む潔。

「まぐれの一発なんかで…終わりたくねぇ…」

そこに館内放送が流れます。

「やあやあ才能の原石どもよ」

絵心の館内放送によると、第6試合までが終了し、これまでの成績とプレーにともないBLランキングのチーム内変動をするとの事です。

「ストライカーたる者ゴールで己の価値を証明すべし。その中でもより価値の高いゴールを決めた者が上位です」

「つまり現在のチームZのトップランカーはお前だ…潔世一」

選ばれたのは潔です。

言われた本人も驚いている中、絵心の言葉は続きます。

「武器を見つけることがストライカーの第一条件と言ったけど、見つけるだけじゃ宝の持ち腐れ。

次の段階は武器を磨いて伸ばせ…特に突出させろ」

それぞれ持ってる武器が違うのだから磨き方もそれぞれ。

0を1に出来る唯一の武器に、何をかければより輝くのか、それを考えて突出させろと絵心は再三問うてきます。

次の試合まで24時間を切ったチームZ。

潔は自問自答します。

(”ゴールの匂い”なんてその瞬間になってみなきゃ感じられないもんなぁ…)

そこでふと気づきます。

その瞬間が来た時にバテていたり反応出来なかったら意味がないと。

走り出す潔。

(その「瞬間」に反応するための90分間走り続ける肉体だ!)

絶対勝つ!と気持ち新たにトレーニングを開始する潔に、いつの間にかチームZの面々が続いてきます。

「ありゃ?自覚ないんだね潔。このチームZはもうお前を中心に回ってる」

皆の自分を見る目の変わり方を感じて

(俺はここで生まれ変われる!!)

と決意を新たにする潔です。

が、その光景を見つめる絵心には更なる思惑があるようです。

「下位の人間にひっくり返されたんだから燃えないワケないよな。一番熱い場所にしか英雄は生まれない」

・・・

第15話は以上となります。

※「ブルーロック」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「ブルーロック」第15話の感想

前回自分と同じような能力を持った相手とぶつかったことにより、自分の武器を認識出来た潔ですが『そのまま爆走か!?」と思いきやすぐにけつまづいてしまっているようでとても歯痒いです。

ずっと自分の能力と向き合い悩み、少しでも突破口が見えたら即行動出来るところに好感を持ちました。

が、絵心はそんな潔を利用するために、順位を引き上げたのでしょうか?

それとも正当に?

思惑が気になりますが、段々と結束力の上がってきているZの皆をもっと見たいので次の試合も頑張って欲しいです!

感想は以上となります。

無料で読める!

以上で「ブルーロック」の第15話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「ブルーロック」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ブルーロック」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

スポンサーリンク